【#かくめい ドキュメンタリーへの想い】2014.03.15

【#かくめい ドキュメンタリーへの想い】2014.03.15

ホースキャラバン(Nomads United)ドキュメンタリー制作にあたり、それは一筋縄というわけではなかった。

「コンテンツ」を制作&配信するということは、コマーシャリズムに染まったモノであると懸念されていたから。
それは資本主義大量消費社会へのアンチテーゼとしての指針を持つホースキャラバンの意­思とは相容れないものだから。
自由でノマドのこの暮らしを楽しもうと世界から集まるキャラバンのメンバーにとっては­、そこにカメラが入ることを良しとしないというむきもある。

だからこそキャラバンの映像はこれまでほとんど一般公開されることはなかったのだ。

Nomads Unitedは全員の合意[コンセンサス]を重んじていて、まずはそれを得る必要があ­った。
…それは難航した。
[コンセンサス]は一人でも反対があれば可決しない決まりなのだ。

鯉谷淑敬は連日20人ものメンバーひとりひとりにビジョンを説き、意識の疎通をはかり­…それでもそもそもの撮影すらままならない状況の中で訪れたメンバー全員の前で合­意を得る機会…

これは撮影・配信許可を得るために、工藤真工が喋れない英語で精一杯 .みんな に語った #かくめい のビジョン…
…の、隠し録りな裏ドキュメンタリー。

※伝えたかったコトを工藤真工が自身で翻訳

1 Comment

  1. 工藤真工 6年 ago

    ガチで、本気を伝えるしかなかったな。
    英語…というか、言葉喋れるかどうかはさほど意味をなさなかった。
    根源的暮らしをするキャラバンのみんなに最先端なことや遠い国のコト…混迷する日本の現状やそれを突破する可能性がインターネットや既存のシステム打破する別レイヤー発想・生き方にあることなんかを伝えてもしょうがないし、伝わるわけもない… だからこそ、このプロジェクトは #かくめい と銘打たれているんだ。
    とにかくあの当時は気楽に撮影出来る状況ではなく、この[コンセンサス]もなんとか音声だけ隠し録りしたもの。 ヨシとおいらの想いは伝わり、素晴らしい日々を記録することが出来た。

    しかし… #かくめい はほんと、日々模索な場当たり進行だ。
    まさに Here We Go , Be Here Now!! (いくぜ、イマココから!) の連続。

    それを #ヤる 、ヤりつづけるしかない。 #優しい革命 のち、 #世界平和 にむかって!

コメントを残す